Zoomを3ヶ月間利用したZoom配信環境の変化

Zoomを3ヶ月間利用した後のZoom配信環境を紹介します。

初期

  • Microsoft Surface(Corei5-7300U/4GB)
  • ノートパソコン付属マイク
  • ノートパソコン付属フロントカメラ

会議レベルであれば、気になることはありませんでした。

明瞭な音声を伝えるためにマイクの導入

  • Microsoft Surface(Corei5-7300U/4GB)
  • 音声認識・音声入力に特化した超指向性スタンドマイク「AmiVoice Front ST01」
  • ノートパソコン付属フロントカメラ

聴覚障害の方が「UDトーク(音声文字変換サービス)」を利用していることや、難聴の方が聞き取りやすいように、周囲の雑音が入りにくい超指向性型マイクを導入しました。

「AmiVoice Front ST01」は、下記の商品説明の特徴があり、UDトーク等の音声文字変換サービスの推奨マイクになっています。

特長①
超指向性により発話者の声だけをキャッチ
周辺の声を拾わず、マイクの前に座る発話者の声だけをキャッチします。音声認識の利用に適したスタンドマイクです。

https://www.advanced-media.co.jp/products/service/amivoice-front-st01-2
OCTくん
OCTくん

会議時はこの環境を利用しています。

手元の支援機器・教材を提示するために実物投影機の導入

  • Microsoft Surface(Corei5-7300U/4GB)
  • 音声認識・音声入力に特化した超指向性スタンドマイク「AmiVoice Front ST01」
  • USB・HDMI対応実物投影機「IPEVO VZ-R」

手元にある支援機器・教材等を提示するために、実物投影機を導入しました。

「IPEVO VZ-R」は、USB入力対応で、パソコンからWebカメラとして認識されます。Webカメラの代わりにもなり、説明時には顔、教材提示時には教材と、実物投影機の向きを変えるだけで簡単に切り替えることができるようになりました。

OCTくん
OCTくん

授業をするには、超指向性型マイクと実物投影機は必須と感じました。

この後から整備していった機器は、あると便利かなレベルですね。

安定した動作を求めるために動画編集用デスクトップPCに変更

  • デスクトップPC(AMD Ryzen 7 2700X/16GB/Radeon RX 570)
  • 音声認識・音声入力に特化した超指向性スタンドマイク「AmiVoice Front ST01」
  • USB・HDMI対応実物投影機「IPEVO VZ-R」

パソコンの処理が原因による配信が停止することを極力少なくするために、ビデオカードが搭載されたデスクトップPCに変更しました。

音声の確実な送信を求めるためにオーディオインターフェースの導入

  • デスクトップPC(AMD Ryzen 7 2700X/16GB/Radeon RX 570)
  • 音声認識・音声入力に特化した超指向性スタンドマイク「AmiVoice Front ST01」
  • インターネット配信用オーディオインターフェース「TASCAM US-32」
  • USB・HDMI対応実物投影機「IPEVO VZ-R」

オーディオインターフェースを導入したことで、超指向性型マイクと機器に内蔵された無指向型マイクを切り替えることができるようになりました。そして、音声入力レベルをLEDで確認しながら配信することができるようになりました。

導入したことで、「ピンポーン」や「ブブー」、「拍手の音」をボタンを押すことで流すことや、ボイスチェンジャー的な機能が追加されました。

外部映像の入力や切り替えをするためにライブスイッチャーの導入

  • デスクトップPC(AMD Ryzen 7 2700X/16GB/Radeon RX 570)
  • 音声認識・音声入力に特化した超指向性スタンドマイク「AmiVoice Front ST01」
  • インターネット配信用オーディオインターフェース「TASCAM US-32」
  • USB・HDMI対応実物投影機「IPEVO VZ-R」
  • ライブスイッチャー「ATEM Mini」

iPadや他のパソコン、ゲーム機等のHDMI映像を入力し、複数の映像を簡単に切り替えできるようにするために、ライブスイッチャーを導入しました。

まとめ

私は、画面共有による配信が主でしたので、情報を伝えるために重要な音声にこだわりを持ち整備した反面、映像には力を入れませんでした。

なお、手話を用いる際は、撮影範囲を簡単に微調整ができる実物投影機が役立ちました。

最低限、音声を明確に伝えるための環境を整備した後、付加的に映像環境の整備がよいのではと思いました。

OCTくん
OCTくん

配信者の映像に意味がある場合は、映像環境の整備も大切になりますね。

タイトルとURLをコピーしました