PowerPointのスライドを動画にする方法

オンライン授業や、オンライン研究発表において、PowerPointで作成したスライドを動画にして公開したいケースが多くなってきたと思います。

そこで今回は、PowerPointのスライドを動画にする方法と、プレゼンテーションしている様子をPowerPointで動画にする方法をまとめてみました。

PowerPointのスライドを動画にする

  1. 「ファイル」メニューを開く
  2. 画面左「エクスポート」を選択する
  3. 画面中央「ビデオの作成」を選択する
  4. 「ビデオの作成」ボタンを押す

PowerPointでビデオを作成する際の設定

解像度の設定

動画の解像度を設定できます。

  • Ultra HD(3840 x 2160)
  • フル HD(1920 x 1080)
  • HD(1280 x 720)
  • 標準(852 x 480)

記録されたタイミングとナレーション

  • 記録されたタイミングとナレーションを使用しない
    「ビデオの作成」画面で設定する所要時間でスライドが切り替わります。
  • 記録されたタイミングとナレーションを使用する
    「スライドショーの記録」で設定した任意のタイミングでスライドが切り替わり、記録した音声、動画が追加されます。

動画保存形式

  • MP4
    スマートフォン等で多く記録される形式。汎用性が高いので特別な理由がない限りMP4にするとよい。
  • WMV
    Windowsの動画形式。他のOSでは視聴できないことがあることに留意。

PowerPointのスライドを動画にしたサンプル

HD(1280 x 720)、記録されたタイミングとナレーションを使用しない、切り替え5秒に設定した動画

PowerPointのスライドを動画にする方法解説動画

PowerPointを使用してナレーションを追加し作成したスライド動画

PowerPointのスライドを動画にする方法

ナレーション付きPowerPointスライド動画の作成

「スライドショーの記録」画面で、プレゼンテーションをしている様子を記録し、その後、動画に反映させることが可能です。

  1. 「スライドショーの記録」でナレーションや発表者等を録画する
  2. 「ビデオの作成」で「記録されたタイミングとナレーションを使用する」を設定し保存する

「スライドショーの記録」時には、ポインターやペンを利用することが可能で、その様子も動画に反映されます。

音声や発表者等の動画は、スライド毎に記録され、スライド毎に編集が可能です。

ナレーション付きPowerPointスライド動画の作成をしている様子

PowerPointのスライドを動画にする方法_メイキング
タイトルとURLをコピーしました